ジャンル別運気の良い名前
2024/02/02

【新札記念】発行開始は2024年7月3日! 「近代日本医学の父 北里柴三郎」を姓名判断してみました!

姓名判断の結果

北里柴三郎さんの運勢

外格
17
人気運の吉数
陰陽配列は
   
5〇
天格×
12
 
人格
17
人気運の吉数
7〇
           
 
10●
地格×
22
     
3〇
 
   
9〇
家庭運
29
金運の吉数
総画×
34
社会運×
22
内運A
15
恋愛運の吉数 対人運の吉数
内運B×
19

幸運画数アイコンの種類

薄幸の暗示

天格

人格

地格
×

総格

人生(特に50代以降)の総合運
自分の感情を制御できず敵をつくりやすい
生涯を通じて敵が多く、争い事が絶えないでしょう。また、肉親や配偶者との縁も薄くなりがちで、孤独を感じることもありそうです。
×

天格

先祖、家柄、晩年期の運気
過ぎた虚栄心で人生を失敗してしまう
野心に実力がついていかず、むだな努力をするという暗示がある数です。この数を天格にもつと、力不足を認めたがらない傾向がみられます。
×

地格

他者からの印象、幼年期の運気
感性が鋭すぎて孤独な環境に陥りやすい
親しい人かとの別離により、孤独に陥りやすいでしょう。不平不満を誰にでもぶつけるのはやめること。誰からも信頼されなくなります。

人格

育まれる性格、中年期の運気
周囲の人を引っ張って事を成す強引さあり
権威を好み、ごり押しで成功を収めます。人の意見に耳を傾けるだけの、心のゆとりが必要。意識して柔軟な考え方を養うべきでしょう。

外格

取巻く環境、対人関係の運気
自己主張が強く行動的。謙虚さが幸運を招く
人間関係を良好に保ちたいなら、謙虚な姿勢を常に忘れないようにしましょう。また、お金のない相手を見限らず、大切にすること。

家庭運

夫婦・嫁姑関係、親子関係
他人に依存しない強さが良い関係を築く
お互いの趣味を認め合い、あまり干渉し過ぎないという結婚生活を送ります。子どもが生まれると、ほのぼのしたムードが漂うでしょう。
×

社会運

仕事、金運、人間関係
人付き合い悪いため第一印象が悪い
排他的な態度を取らず、謙虚に相手を受け入れましょう。つき合う相手が増えれば、仕事運を初めとするさまざまな幸運に恵まれます。

2024年7月から、20年ぶりに紙幣が刷新されることが発表になっていますよね。

そこで、新しい日本の顔ともいうべき偉人たちの姓名判断をしてみました!

今回は新1,000円札の顔「北里柴三郎」さんです。はたして、名前通りの運勢なのか?

それとも……

その前に少し歴史をご紹介

【北里柴三郎の歴史】

北里柴三郎(きたざと しばさぶろう、1853年1月29日 – 1931年6月13日)

経歴

北里柴三郎は、1853(嘉永6)年に、熊本県で代々庄屋を務める家に生まれました。幼少期から学問に興味を持ち、明治1871年(明治4年)藩立の西洋医学所に入学[現:熊本大学医学部]その後、東京医学校(東大医学部の前身)に入学、在学中に「医者の使命は病気を予防することにある」と確信するに至り、予防医学を生涯の仕事とする決意をしました。

細菌学の研究

北里柴三郎は、細菌学の分野で多くの重要な発見や研究を行いました。彼は日本で初めて結核菌を発見し、その後も破傷風菌や破傷風ワクチンの開発など、多岐にわたる研究を行いました。

医学教育の改革

北里柴三郎は、医学教育の改革にも取り組みました。彼は東京医学校の教育内容やカリキュラムを改善し、近代的な医学教育の確立に貢献しました。また、後進の指導者として多くの医学生や研究者を育てました。

社会貢献

北里柴三郎は、医学の分野だけでなく、社会貢献にも積極的に取り組みました。彼は医療機関の設立や経営にも関与し、医療の普及や社会福祉の向上に尽力しました。

没後の評価

北里柴三郎の業績は、その後の日本の医学や科学の発展に大きな影響を与えました。彼の名誉を称え、彼の功績を後世に伝えるために、多くの記念碑や施設が建立され、彼の名前を冠した賞も設けられました。

北里柴三郎さんはどのような性格でしたでしょうか。その業績や生涯の中で見られる様々な側面から推察されていますので彼の性格についての一般的な評価をいくつか挙げてみます。

熱心で責任感が強い

北里柴三郎は、医学の分野で多大な業績を残すために、熱心に研究に取り組み、責任感を持って自らの役割を果たしました。彼は結核菌の発見や破傷風ワクチンの開発など、多くの重要な業績を成し遂げました。

向上心と探究心が旺盛

北里柴三郎は、常に新たな知識を求め、医学の分野での研究や技術の向上に努めました。彼の探究心と向上心が、多くの医学の発展に貢献しました。

堅実で誠実

彼は堅実で誠実な人物であり、医学教育の改革や医療機関の設立など、社会貢献にも熱心に取り組みました。彼の誠実さは、多くの人々から信頼と尊敬を得ることにつながりました。

リーダーシップと協調性

北里柴三郎は、医学界や社会においてリーダーシップを発揮し、多くの人々を指導しました。彼のリーダーシップは、協調性とチームワークを重視し、多くの医学生や研究者を育てることに成功しました。

公共の利益を優先する姿勢

北里柴三郎は、医学の発展や社会福祉の向上を通じて、公共の利益を優先する姿勢を持っていました。彼の研究や活動は、一般市民の健康や福祉に貢献し、社会全体の利益を追求することに寄与しました。

以上のように、北里柴三郎は熱心で責任感が強く、向上心と探究心が旺盛な人物であり、堅実で誠実な性格を持っていました。彼のリーダーシップと公共の利益を優先する姿勢は、多くの人々に影響を与え、医学の分野における重要な業績を成し遂げる原動力となりました。

※姓名判断後のまとめ

北里柴三郎さんの姓名判断はいかがでしょうか。北里柴三郎さんも医学の分野においても素晴らしい人物であったと思います。東京に日本初の伝染病研究所が建設された際に所長となりましたがこの場所と費用を提供したのが福沢諭吉さんで、ここに野口英世さんが助手として入所してきたそうです。皆さん全員が、なんとお札の人物です。す、すごいですね!

戦国時代の三英傑、信長・秀吉・家康の魂の本質を姓名判断!【織田信長編】
天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず『学問のすゝめ』の著書 福沢諭吉
姓名判断コラムをもっと見る
MENU
Loading...
名前候補を選定しています。
候補が多いと時間がかかることがあります。